リスティング広告を代行すると人件費を削減できる

動画制作から配信設定まで

手

各種設定には知識も必要

インターネットを使った広告にも数多くの手法が見られる中で、視聴者数の多い巨大動画サイト等に表示されるTrueViewは販促効果が特に大きいと言われています。TrueViewにはインストリーム広告とインディスプレイ動画広告の2種類があり、いずれもアカウント取得の上で必要項目を設定しなければ出稿できません。広告動画をアップロードする際には準備作業も欠かせず、販促効果を高める目的でさらに細かい配信設定が求められるのです。動画アップロードに先立つ準備作業としては、当然のことながらまず広告に使う動画を作成しなければなりません。わずか数十秒の動画でも事前に配信ターゲット層や販促目的を明確にし、予算の割り振りやストーリー作り・キャッチコピー考案といった入念な準備を経ることが必要なのです。実写の撮影やアニメーション・CGの制作から動画編集までをアウトソーシングする場合は、制作会社担当者との打ち合わせも重要になってきます。完成した広告動画をTrueViewに出稿する段階に入ってからも、単に動画をアップロードするだけでは期待される販促効果が得られません。キャンペーンタイプの選択に始まり、予算・配信方法の設定と掲載ネットワークの選択はTrueViewを利用するのに必須と言えます。さらにはターゲット地域や表示デバイス・配信ローテーションの選択、広告グループの作成と支払い可能な上限額の単価設定が続きます。この段階でユーザー層や動画コンテンツのターゲット指定まで詳細に設定することで、より効果的な広告配信が実現されるのです。以上のようなプロセスを経てTrueViewを販促に活用できるようになりますが、コンテンツ内容に合わせた最適な広告配信にはある程度の知識が不可欠です。そうした知識を持たない企業でもインターネット広告代行会社に依頼することで、TrueViewを戦略的に活用した高度な販促効果が得られます。